ハッピー青汁の体験談

 

ハッピー青汁の評価

 
ハッピー青汁

 

ハッピー青汁 早わかり表

           
メーカー
価格(税込)1杯あたり
単品購入定期購入
成分
味わい

この青汁を評価する

日本国内の製造工場で作られた、農薬を一切使わない国産100%の主原料を使った青汁。ちなみに、ここでいう主原料とは、大麦若葉、抹茶、ケール、アシタバ、さつまいも、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、くわの葉、大葉のこと。青汁特有の青臭さが少なくなる配慮が感じられる。
また、植物性のたんぱく質が豊富な大豆や、身体を温めるショウガ、女性に嬉しい鉄や葉酸、乳酸菌や穀物麹なども配合されている。
さらに、五大添加物(化学調味料・人工甘味料・合成着色剤・人工保存料・合成香料)は使用しておらず、現代社会のニーズに合わせた商品といえる。

 

ハッピー青汁を飲んだ利用者の感想 

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

ハッピー青汁の感想

HAPPY AOJIRUを水に溶かして飲むと、苦みや渋み、葉物野菜特有の青臭さといった、いわゆる「青汁らしい」味がほぼ感じられない。
抹茶が配合されていることを考えると、牛乳で溶かしたり、無糖ヨーグルトに入れたりしても良い。
また、販売者もオススメしているが、パンケーキやポタージュなどに入れてもおいしくいただけ、どちらかというと粉末の緑茶や抹茶のように使用できる。「青汁の味」に構える必要はない。

HAPPY AOJIRUは、柔道のオリンピックメダリスト井上康生の妻であり、4児の母でもある、タレントの東原亜希がプロデュースしている商品であり、商品のお値段は青汁にしては高めの印象がある。
しかし、アスリート妻と母という点からの、原材料や味へのこだわり以外のポイントとして、パッケージへのこだわりも強く感じられる商品である。
「健康食品=オシャレでない単色パッケージ」というイメージを打ち破るパッケージデザイン。野菜のキャラクターとオシャレな自体のアルファベットを使用した、白いスティックパッケージが何パターンも入っており、若い女性や子どもも馴染みやすいものとなっている。

タレントの東原亜希がプロデュースしている青汁です。